新海長生治療院

アゴが開かない(顎関節症)など

アゴが開かない場合、どこに行けば治してくれるの?

アゴが開かない顎関節症。口を開けばカックン。開くたびに痛みが出て辛い。そこまで顕著ではないけれど、ご飯を食べるのに一苦労。このような症状でお悩みの方って結構いらっしゃいます。
問題は、どこにいけば治してもらえるのかわからない、ということでしょう。
基本的に歯医者さんではアゴの治療は行っておりません。また、口腔外科などでもマウスピースの作成などが主な治療となります。もちろん症状によっては必要なケースがありますので、口腔外科を受診してお医者さんの診断を受ける事はとても大事です。
ですが、そこまで深刻じゃない方はまず、当院を利用してみてはいかがでしょうか。

原因の特定が一番大事

まず大事なのが原因の特定です。左右どちらのアゴが動きが悪いのか?本来できるはずの動きが出来ていないのはどちらなのか?その動きを阻害しているのは何なのか?突き詰めていけば原因は見つかるものです。
そして原因さえハッキリすれば、あとは適切な施療を行うだけです。
さらに顎関節症はアゴの不具合、とはいえ首や肩との関連も決して無視はできません。なぜならアゴを構成する筋肉は、首や肩と連動している事が多いからです。アゴだけ治しても首や肩が治っていないと、施療直後は良くなっても時間が経ったら戻ってしまう事が少なくないからです。
また横向きに寝たり、ほおづえをついたり、食べ物を食べる時に左右どちらかばかりで噛んでいる、なんてことはしていませんか?これらも顎関節症を作る原因となってしまいます。このような生活習慣の改善も、ご案内させていただいております。

アゴのズレを改善すると小顔になる!?

アゴが開かない場合、動かない頬の筋肉は固まって膨らんでいます。アゴが開いて動くように改善させれば、固まって膨らんでいた頬の筋肉が伸びて、ほっそりしてきます。
アゴが開きやすくなるうえに小顔効果も期待できる、となればちょっとオトクな感じもしてしまいますね。


アゴの施療は1~2回と比較的早く改善がみられます。 とはいえそれで全て完治、というワケにはいきません。 初めのうちは、施療直後は良いのだけれど1~2日で戻ってしまう、という状態になります。 この期間はあまり間を空けずに、短期集中で施療を行う事をお勧めしております。
しばらく続けますとアゴ動きの良い期間が長くなってきます。 そうしたら少しずつ間を開けて、施療の回数を減らしていきましょう。 アゴの開きにくさがほとんど無くなってきたら施療は終了となります
その後は良い状態を保つために、1ヶ月に一度程度のメンテナンス施療をお勧めしております。