新海長生治療院 長生治療とは?

長生治療法を基礎とし、解剖学・生理学・整形外科学に則った施術を行っております

五十肩・腰痛全般を最も得意としております!

以下の症状に対しての治療も行っております。

【頚部】 偏頭痛・不眠・寝違い・ムチウチ・眼精疲労
【腕肩】 五十肩・肩コリ・腱鞘炎
【背中】 背中のコリやハリ・内臓の不調からくる痛み等
【腰部】 ギックリ腰・慢性的な腰痛・整形外科で治らない症状
【足部】 股関節の痛みや動きの悪さ・ヒザの痛み・O脚・捻挫
【他 】 更年期障害による不調、アスリートの筋バランス調整


治療方法について

IMG_5842.JPG治療師歴24年となりました(平成28年時点)
治療はすべてがオーダーメイドです
カラダは一人ひとり違うもの
当然、治療法も人によって違います
例えば同じ腰の痛みでも、原因・状態はさまざまです
それが同じ治療法のはずはもちろんありません

施術については、ぜひ治療師である私にお任せ下さい
日本の誇る「長生治療法」の治療師になって20年
経験と実績からあなたに最適な治療法を見つけ出し施術いたします

よりよい治療法を見つけるために


施術をお受けになる際はリラックスしていただきたいと思います
チカラが入ったままでは最高の治療効果が望めません
長生治療法とは患者さまに苦痛を強いる治療法ではないのです
「痛い」「強い」「怖い」「寒い」など、ご要望は遠慮なくお伝えください

注意
施療が終わった後、数時間~2日位の間に「一時的な痛み」「だるさ」「気持ち悪さ」「眠気」などの症状が発生することがあります
これらは今まで患部に溜まっていた疲労物質(乳酸・老廃物)が解毒されていく過程で出現する症状で、とくに初診~数回目の患者さまにしばしば報告されています
この症状は「好転反応」とも言い、治療効果の一部でもありますのでご安心ください
通常ですと、1日~2日くらいで落ち着きます
また、これらの症状が出現した場合は過度な運動や夜更かしは避けていただき、できるだけ安静にして早めにご就寝される事をお勧めいたします

image27.gif

「長生」
これは長生きをするという意味に受け取られがちですが、仏教用語で
「悟りを開き、永遠に魂を生かす」
という意味をいただいた名前です。

この長生治療法は病気に苦しむ人々の肉体だけではなく、併せてその精神をも救うことを究極の目的として独自の進化を進めてきました。

「脊椎矯正」「精神療法」「プラーナ療法」
これら三位一体の治療法によって病気の原因を根本より取り去り、各人に生まれつき備わっている自然治癒力を発揮させて健全な肉体と精神を取り戻し、健康で長命で幸福な家庭生活を願う医学なのです。

長生治療では宗教の勧誘などはいっさい行っておりません。

脊椎矯正

脊椎矯正とは

Cmps.png健康の基本は真っすぐな背骨にあり

長生医学では長年の治療体験をもとに調査・研究を重ねた結果、
「背骨が真っすぐで捻じれの無い人は重い病気にかかりにくく長命である」
という事実を明らかにしました。

脊骨に捻じれやズレが生じると、脊髄神経に障害をおこし痛み・知覚異常・自律神経の異常・内臓の働きの異常をを引き起こします。
これらが根本的な原因となり、「病気」もしくは「遺伝的な虚弱体質」になってゆくのです。

この背骨の異常を矯正することによって根本から体質を改善し、薬に頼らない自己治癒能力を発揮できる身体に治してゆくことができるのです。

プラーナ療法

プラーナ療法とは

Sun.png内なるチカラを引き出す

小さい頃、ぶつけた個所には無意識のうちに手をあてていませんでしたか?
これを「手当て」といいます。
誰に教えられなくても、「手当て」には痛みが軽減したり回復するチカラがあることを知っているのです。

人間だけではなく、命ある全てのものがこの不思議なチカラ=プラーナを持っています。

長生医学ではこのプラーナを診断と治療の両方へ応用し、最大限の治療効果を得ています。
実際の治療においてこのプラーナ療法だけをすることはありませんが、常に患者さまの身体が良くなるように思念し(=正思念)その心をもって治療にあたらせていただいております。

精神療法

精神療法とは

Comment.png精神と身体は影響し合っている

これまでの医療の世界では肉体的な面のみが重要視され、精神的な面においては軽視されがちでした。
しかし近年その状況が大きく様変わりしました。
心理的・社会的なストレスが身体へ影響し、アレルギー疾患・自律神経疾患などを発生させているというのはすでに一般常識となっております。

このような症状を「心身症」といい、肉体的な症状の改善のためにも精神的な面のケアが必要不可欠です。
当然重症になれば心療内科を受診し治療を行う必要があります。

しかし、通常の生活が送れている方にまで特別な治療プログラムが必要なわけではありません。
必要なのは心からリラックスし、信頼できる治療を受けること。
そして治療師は患者さまから信頼されるよう「人間力」を向上させ、全身全霊をもって治療にあたらせていただくこと。

当たり前の事ですが、その当たり前のことが治療にとって患者さまにとって一番大切なことであると考えます。