新海長生治療院

小顔になりたい女性の方へ

アゴのズレを改善すると小顔になる!?

よく頭蓋骨の矯正をすると小顔に・・・、なんて話を聞きますが実際はどうなんでしょう。顔をそのままに頭だけ小さくしてしまうと、顔全体の印象が下膨れになってしまいます。
お顔の理想形は「下側がほっそりした卵型」ですから、頬~アゴをほっそりさせる方が小顔効果が高いのではないかと思われます。
アゴが開かない場合、動かない頬の筋肉は固まって膨らんでいます。アゴが開いて動くように改善させれば、固まって膨らんでいた頬の筋肉が伸びて、頬がほっそりとなります。
ただし、ただ頬を揉むだけでは効果は得られません。やってはいけない事もありますので、あなたのお顔の状況に応じて最適な施療を探し出しておこないます。


お顔の形が左右で違う!?

お顔の形が完全に左右対称の方はほとんどいません。ほとんどの方がどちらかに歪んでいるものです。問題は、どのくらい左右差があるか。差が大きければ大きいほど、お顔が歪んで見えてしまうのです。
女優さんでもお顔の左右差が気になる方がけっこういらっしゃいます。そんなときつい「このお顔を治したいな~」なんて思いながら見ていますね。

素敵な笑顔になりませんか!

目じりが下がる。口角が下がる。
年齢だから、元々の顔だから、とあきらめてはいませんか?お肌に対して行うスキンケアは必要ですが、それ以上に必要なものがあります。
それはお肌の奥にある、お顔の筋肉が下がる事を阻止すること!
お肌とお顔の筋肉は重力の影響で下に下がってきます。そのために目じりや口角が下がってくるのです。
問題は、その筋肉を下がりっぱなしにしておくことなんですね。下がったままにしてしまいますと、お口を開けるたびに目じりが下に引っ張られてしまいます。
この筋肉を伸ばして柔らかくする事で口を開けても目じりが上がってくるのです。
また、猫背の方は首筋が伸ばされてお顔が下に下がってしまいます。
この場合は腰や背中や首を正しい位置に矯正することで、お顔が下がる事を阻止できます。
このように原因を突き止め、正しい施療を行う事で素敵な笑顔になりましょう。


小顔の施療は1~2回と比較的早く改善がみられます。 とはいえそれで全て完治、というワケにはいきません。 初めのうちは、施療直後は良いのだけれど1~2日で戻ってしまう、という状態になります。 この期間はあまり間を空けずに、短期集中で施療を行う事をお勧めしております。
しばらく続けますと良い笑顔の期間が長くなってきます。 そうしたら少しずつ間を開けて、施療の回数を減らしていきましょう。 
その後は良い状態を保つために、1ヶ月に一度程度のメンテナンス施療をお勧めしております。
注意
この施療法は全ての患者様に効果を保障するものではありません。施療法の考え方の一般例です。
また、回数・期間・効果には個人差がございますので、詳しくは御相談下さい。