新海長生治療院

頭痛について

たかが頭痛と油断は禁物!命にかかわる病気のサインかも

頭痛の原因は一つではありません。くも膜下出血や脳内出血などの命にかかわる病気のサインもあれば、パソコンのの使い過ぎによる目の疲労から起こるものもあります。当然ですが、命にかかわる疾患の場合はすぐに病院に行かなくてはなりません。
もしそれらしきサインをみつけた場合、施療を行う事はできません。即座に中止して病院に行っていただき、そこで診察を受けていただくようご案内させていただきます。

原因の特定が一番大事

命にかかわる病気でないことが確認出来たら、次に行うのは「その頭痛の原因は何か?」を調べることです。
原因が違えば行う施療も違います。ここで間違えてしまうと施療の効果が全く出ないばかりか、かえって悪くしてしまう可能性もあります。
当院では患者様の訴えられる「痛み」だけでなく、日常生活での仕事内容や座り姿勢、運動や病歴の有無、反射、知覚検査など、あらゆるものを精査してその「頭痛の原因」を割り出します。

痛み止め薬に頼るのはもうやめましょう

頭痛が悪化するとロキソニンなどの痛みどめ薬が手放せなくなります。規定量を守って短期間の使用なら問題は無いと思いますが、中には「規定量じゃ効かないからたくさん服用してしまう」ケースや「何年も飲み続けてしまっている」ケースなど、薬の副作用が心配になってしまう場合も少なくありません。
当院で比較的多く見られる頭痛には「偏頭痛」「筋緊張性頭痛」「眼精疲労による頭痛」等がありますが、そのほとんどが痛みどめ薬に頼らなくてもいい状態まで改善しています。

正しい身体になれば痛みは発生しない

これはなにも特殊な施療を行っているわけではありません。人間の身体は「正しい状態であるならば痛い個所は無い」はずなのですから、その「正しい状態」に戻すように施療を行っているだけです。
背中が丸まったまま起こせない人や、首が左右どちらかにいつも傾いている状態では頭痛も発生しやすいでしょう。また、首の骨がズレていたり歪んでいれば、やはり頭痛の発生原因となってしまいます。
「頭痛がするから頭や首筋を揉むだけ」という短絡的な施療方法ではなく、身体全体を通して頭痛が起こらない身体に変えていく施療法でなければならないと考えております。

頭痛の施療は1~2回と比較的早く改善がみられます。 とはいえそれで全て完治、というワケにはいきません。 初めのうちは、施療直後は良いのだけれど1~2日で戻ってしまう、という状態になります。 この期間はあまり間を空けずに、短期集中で施療を行う事をお勧めしております。
しばらくすると施療後の状態の良い期間が長くなってきます。 そうしたら少しずつ間を開けて、施療の回数を減らしていきましょう。 頭痛がほとんど無くなってきたら施療は終了となります